ソフトバンク・近藤健介 キング1本差の11号2ラン「この打席ではという気持ちでした」

[ 2024年6月23日 14:16 ]

パ・リーグ   ソフトバンク―ロッテ ( 2024年6月23日    ペイペイD )

<ソ・ロ>4回、2ランを放つ近藤(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの近藤健介外野手(30)が23日のロッテ戦(みずほペイペイ)で勝ち越しの11号2ランを放った。

 同点の4回、1死一塁の場面でロッテ先発・メルセデスが初球に投じた直球を捉えた。

 打球は左中間ホームランテラスへ。「1打席目でチャンスを生かすことができなかったので、この打席ではという気持ちでした。しっかりと自分の打撃ができました」とコメントした。

 右手を捻挫していることもあり、ベンチまでは左手でハイタッチ。これでリーグ本塁打トップのチームメート・山川に1本差に迫った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月23日のニュース