日本ハム・福田光 仲良しレイエスと「忘れられない」お立ち台

[ 2024年6月23日 06:00 ]

パ・リーグ   日本ハム5―2楽天 ( 2024年6月22日    エスコン )

<日・楽>限定タオルを手に福田光(右)とポーズを決めるレイエス(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】日本ハム・福田光は、3安打1打点のレイエスとは「コウキ」、「モーレ」と呼び合う仲良し。2人でお立ち台に上がり「明日(23日)も横のでっかい怪物も打つと思うので応援お願いします」と1メートル96の巨漢と笑い合った。5月13日にレイエスが2軍降格し、落ち込んでいた中で真っ先に声をかけたのが福田光だった。

 通訳も介さずに会話してすぐに打ち解け、多くの若手らと「レイエス会」と銘打った食事会にも参加した。緊急招集され球場に到着すると、名前と写真が入った球団グッズのタオルがロッカーに張られていた。仕掛け人はレイエス。福田光は「2人でお立ち台に立てたので、忘れられない日になった」と笑った。(日本ハム担当・田中 健人)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月23日のニュース