日本ハム・レイエス 来日初4番で猛打賞「打席の感覚が良かった」

[ 2024年6月23日 06:00 ]

パ・リーグ   日本ハム5―2楽天 ( 2024年6月22日    エスコン )

<日・楽>5回、勝ち越し二塁打を放ちポーズを決めるレイエス(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・レイエスが来日初の4番で、3安打1打点と躍動した。

 2回先頭で右中間三塁打し同点劇を呼ぶと、3回は中前打、5回には決勝の右中間適時二塁打。来日2度目の猛打賞に「全体的に打席の感覚が良かった」とはにかんだ。

 前夜は楽天・フランコと外国人選手同士では初の両軍満塁弾の応酬。本塁打が出れば達成だったサイクル安打には「オフコース。もちろんあった」としたが、7回は三ゴロ失策だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月23日のニュース