ドジャースに最適なトレード候補はWソックスの左腕クロシェットとデヨング内野手 大リーグ公式サイト報道

[ 2024年6月23日 07:46 ]

ホワイトソックスのギャレット・クロシェット(AP)
Photo By AP

 大リーグ公式サイトが22日(日本時間23日)、ドジャースにフィットするトレード候補を挙げている。ホワイトソックスのギャレット・クロシェット投手(25)とポール・デヨング内野手(30)の2人だ。

 ホワイトソックスは21勝57敗と30球団で最低の成績。クロシェットはそんな中で、今季16試合に先発し、6勝6敗、防御率3・25の好成績を挙げ、リーグ最多の124三振を奪っている。20年にメジャーデビューし、リリーフ投手として72試合に登板、防御率2・71、85奪三振の好成績で今年から先発にコンバートされた。

 平均96・8マイル(約155・8キロ)の直球は被打率・164、空振り率28・8%と威力がある。加えて、カッターとスライダーで空振りを奪う率も高い。クロシェットは今季の年俸は80万ドル(約1億2700万円)と安いうえに、FAになるのは27年で、今年も含めてあと3年チームの支配下に置けるのも魅力。ゆえにトレードの対価は極めて大きいものになる。大リーグ公式サイトはブルワーズとオリオールズもフィットすると報じている。

 デヨングはここまで14本塁打、OPS・748でパワーはあるが、三振率31・5%、四球率3・6%は決して良いとは言えない。打率・237、出塁率・286である。守備も平均レベルだ。ただし年俸は175万ドル(約2億7800万円)とお買い得。大リーグ公式サイトはジャイアンツ、ガーディアンズもフィットするとしている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月23日のニュース