カブス・鈴木誠也 4試合ぶりの打点は先制打

[ 2024年6月23日 03:55 ]

ナ・リーグ   カブス―メッツ ( 2024年6月22日    シカゴ )

カブス・鈴木誠也(AP)
Photo By AP

 カブスの鈴木誠也外野手(29)が22日(日本時間23日)、本拠地シカゴで行われたメッツ戦に「4番・DH」で先発出場し、初回に先制の適時打を放ち、17日のジャイアンツ戦以来、4試合ぶりの打点を記録した。

 初回、1死一、二塁で第1打席が回ってきた鈴木は左前適時打を放ち、先制点をたたき出した。2回の第2打席は見逃し三振。

 鈴木はここ5試合で17打数4安打、打率・235で、その間に7三振。2試合連続で無安打と、バットが湿っていたが復調を感じさせる一打となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月23日のニュース