DeNA・東 京都の“聖地”はまるで記念館

[ 2024年6月23日 05:25 ]

セ・リーグ   DeNA5―2阪神 ( 2024年6月22日    甲子園 )

定食屋「わからん」の飯田店長は「東Tシャツ」を着て接客
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】先日、DeNA・東が立命大時代にアルバイトをしていた京都市内の定食屋「わからん」を訪れた。昨年のシーズン序盤に初訪問した際は「東記念館」と化した店内に衝撃を受けた。その後、最多勝&最高勝率の2冠を獲得。記念館ぶりはパワーアップしていた。

 東が連絡してくれていたため飯田安彦店長が歓迎してくれた。その姿が凄かった。球団グッズの一つ、東の顔がプリントされた「東Tシャツ」でお出迎え。「最近はファンの方も差し入れを持ってきてくれる」と目を細めていた。店内にはスポニチ制定バッテリー賞を受賞した山本が同店を訪問した写真も。女房役も訪れる東の京都の「聖地」。甲子園同様、左腕にとって大事な場所だ。(DeNA担当・大木 穂高)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月23日のニュース