日本ハム 21イニング連続無得点…2試合連続で三塁すら踏めず

[ 2021年9月10日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム0―4楽天 ( 2021年9月9日    札幌D )

<日・楽>ベンチで試合を見る栗山(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 復調気配を見せていた日本ハム打線が、21イニング連続無得点と再び深刻な貧打に陥った。楽天・則本昂に毎回の11三振を喫して3安打に抑え込まれ、2戦連続で今季11度目の零敗。小笠原ヘッドコーチ兼打撃コーチは5回に円陣で指示を送るなどしたが実らず「狙った球を捉えられなかった。あれくらいの投手で強い球や変化球がコースに決まっていると、なかなか打つのは難しい」と相手の好投を認めざるを得なかった。

 4点を追う6回2死から清水がチーム初安打を放ち、則本昂の無安打投球を阻止するのが精いっぱい。清水の安打を皮切りに浅間も中前打で続いて2死一、二塁を演出したが、西川が中飛に倒れ、この日最大の好機を生かせなかった。

 7回は先頭の野村が二塁内野安打を放った。しかし、一塁への送球がそれた際にわずかに二塁方向へ進む意思を見せたとして一塁ベースへ戻る前にタッチされてアウト。まさか…の表情でぼう然と立ち尽くした。小笠原コーチは「行く意思を見せた時点で一塁に帰らないといけないというのが審判の見解。二塁に行くしぐさをした時点でインプレーなのでベースに戻らないといけない」と説明した。

 4安打だった前日8日と合わせ、2試合連続で三塁すら踏めず、2試合でわずか7安打だ。きょう10日のソフトバンク戦は防御率2・03と抜群の安定感を誇る元同僚のマルティネスが先発。打線全体で食らいついて突破口を見いだすしかない。(東尾 洋樹)

 ◆公認野球規則5・09b(11) 一塁をオーバーランまたはオーバースライドした走者が二塁へ進もうとする行為を示せば、触球されればアウトとなる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年9月10日のニュース