巨人 奪首どころかまさかの3連敗…菅野 5回に足つり今季ワースト7失点

[ 2021年9月8日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人2―8DeNA ( 2021年9月7日    横浜 )

<D・巨>5回、山本にスクイズを決められ左脚をおさえる菅野(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 巨人・菅野が4回1/3で今季ワーストの7失点を喫した。「ゲームをつくれなかったので、次の試合はつくれるように頑張ります」。2―1の5回に逆転を許し、なお1死二、三塁。山本のスクイズに猛チャージし、左足をつった直後にベンチに退いた。

 計5四死球。原監督は「彼の中では正常ではない」と評した。最速151キロを計測も、球が浮き、5回途中まで108球も要した。阪神が敗れ、勝てば首位再浮上だったが3連敗。宮国との投げ合いで、奪首を導くことはできなかった。

 左足について原監督は「(問題)ないと思いますよ。そうではない状態でピッチャーが交代した」と負傷が降板の原因ではないとした。ローテーションを外れることなく次戦に臨む。(神田 佑)

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年9月8日のニュース