×

中日・石川昂「打って目立たないと」、守備位置こだわり捨て出場機会狙う

[ 2020年12月24日 05:30 ]

筋トレに励む中日・石川昂
Photo By 代表撮影

 来季2年目を迎える中日の石川昂が23日、同期の岡林と名古屋市内のジムで練習を公開。勝負の年に向け守備位置にこだわらず出場機会を狙う姿勢を示した。

 「三塁が一番自信があるけど、遊撃でも自分はやれると思うし二塁も練習してやれるようになりたい」

 今季は7月に1軍昇格し14試合に出場。三塁には主砲の高橋がおり、自慢の打撃を生かすためにポジションへの固執は捨てる。

 「自分は打つ方で結果を残すタイプ。まずは打って目立たないと」と前向きに21年シーズンに臨む。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年12月24日のニュース