×

つば九郎 2年連続で怒りの越年「『ちょうてい』もかんがえています」

[ 2020年12月24日 12:07 ]

「きもちがほしかった」と心情を述べたつば九郎
Photo By スポニチ

 ヤクルトの球団マスコットである「つば九郎」が24日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨んだ。今季の推定年俸3万円から2896(つばくろう)円ダウンの提示を受け、2年連続で怒りの越年。「けっかからいいますと ちーむゆいいつの『ほりゅう』しました。えつねんけっていです」とした。

 国内FA権を行使している小川と複数回の残留交渉を行っている一方で、自身とは下交渉もない簡素なやりとり。「きもちがほしかった」と寂しがった。年明けに予定される次回の交渉次第では「このままだと ますこっとはつの『ちょうてい』もかんがえています。ちょうはとりです」と調停も辞さない強い決意を示していた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年12月24日のニュース