巨人・丸 9回2死から意地の中前打 球団初のシリーズ無安打敗戦免れる

[ 2020年11月24日 22:25 ]

SMBC日本シリーズ2020第3戦   巨人0―4ソフトバンク ( 2020年11月24日    ペイペイD )

<ソ・巨>9回2死、森(左)からチーム初安打となる中前打を放つ丸(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人はノーヒットノーラン継投される目前の9回2死から丸佳浩外野手(31)がチーム唯一の安打となる中前打を放ち、球団初の無安打敗戦を免れた。

 丸は3試合連続で「5番・中堅」で先発出場。第3打席まで先発左腕・ムーアに2打数無安打1四球と抑えられていたが、マウンドが3番手右腕・森に代わった9回、2死から中前に弾き返し、ソフトバンクファンのため息を誘った。

 丸は広島時代の2016~18年にリーグ3連覇を果たし、巨人移籍後の19、20年の連覇にも貢献、現在リーグでは「ひとり5連覇」中。今シリーズの安打はこの一打で9打席ぶり2安打目となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月24日のニュース