中日・石川昂 1カ月ぶり全体練習復帰「問題なくやれた」 主力との練習で「盗めるところは盗む」

[ 2020年11月24日 17:47 ]

全体練習に復帰し、ランニングする石川昂
Photo By スポニチ

 体調不良のため、宮崎で行われているフェニックス・リーグの参加を見送った中日・石川昂が24日、ナゴヤ球場で行われている全体練習に約1カ月ぶりに復帰した。

 これまでは別メニューだったが、三塁で高橋らとノックを受けると、屋外でのフリー打撃も行い「体が何の問題もなくやれたので良かった。外で打つのも1カ月ぶりなので、気持ちよく打てました」と笑顔で汗をぬぐった。

 10月下旬から体調不良で2軍で別メニューとなった石川昂。同期の岡林や阪神・井上らライバルたちが宮崎で研鑽を積んでいる中、名古屋で実戦から離れた練習を繰り返す毎日だった。フェニックス・リーグは若手が実戦経験を積む場。来季への課題などを確認する機会を逸したが「正直、それどころでなかった」と吐露。それでも、現在はナゴヤ球場で高橋や京田、阿部らが秋季練習を行っており「1軍選手とやれる貴重な機会。盗めるところは盗んで、いい練習ができるように」と現状を前向きに捉えた。

 プロ1年目を振り返り「週の後半、シーズン後半に体が動かなくなって、きつかった。自分のプレーができずしんどかった」と体力不足が露呈した。来季に向けて「試合に出ていけば、慣れると思う。風邪をひかず、体調万全でやるしかない」と力強く語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月24日のニュース