斉藤和巳氏「ここ2戦と比べたら紙一重」 ネット生配信で日本シリーズ第3戦を生解説

[ 2020年11月24日 22:15 ]

SMBC日本シリーズ2020第3戦   ソフトバンク4―0巨人 ( 2020年11月24日    ペイペイD )

ソフトバンクの元エースで野球解説者の斉藤和巳氏
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの元エースで野球解説者の斉藤和巳氏(42)が、24日に行われた日本シリーズ第3戦を解説し、自身のYouTubeチャンネル、インスタグラム、ツイッター、TikTokで同時生配信した。

 試合は4―0でソフトバンクが勝利し、日本シリーズ11連勝・ポストシーズン15連勝で日本一4連覇へ王手をかけた。試合後斉藤氏は「ここ2戦と比べたら紙一重なところがありましたね」と話し始め、「先発のサンチェスは良かったです。これで勝てなかったら厳しいですよね」と巨人先発のサンチェスを称えた。「だからこそ3回の失点がもったいないなかったと思います」と3回の中村晃に先制された1発を振り返った。

 打線についても「1~2回でジャイアンツが得点していたら良かったですね。初回もノーアウト二塁で松原のバント失敗で1アウト二塁になりましたけど、チームとしては1アウト三塁にしたかったですし、それでも得点圏にランナーが残って良かったのではなく追い込まれているからこそ当たり前のことをどれだけ当たり前にできるかが大事になってきましたね」と初回に先制できなかった場面を解説した。「初回に先制していたら試合の展開もわからなかったからもったいなかったですね」と話した。

 王手をかけたソフトバンクについては「ムーアは今年の中で1番良い投球と言ってもいいぐらい本当に良かったですね」と7回無安打の好投を見せたムーアを絶賛した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月24日のニュース