梨田昌孝氏 PCR検査で2度続けて陰性、退院基準満たすも不整脈の症状で治療継続

[ 2020年5月7日 19:56 ]

梨田昌孝氏
Photo By スポニチ

 元近鉄、日本ハム、楽天監督で、新型コロナウイルスに感染し大阪府内の病院に入院している野球評論家の梨田昌孝氏(66)が、PCR検査で2度続けて陰性になったことが7日、分かった。

 所属事務所が明らかにしたもの。これまで複数回の検査を受けてきたが、6日に初めて2度続けての陰性が確認されたという。

 これで退院の基準は満たした形だが、梨田氏はこれまでなかった不整脈の症状が出ているといい、今後も治療とともにリハビリを続ける予定。

 梨田氏は3月31日に重度の肺炎で入院。4月1日に新型コロナウイルスの感染が判明した。

 一時は集中治療室(ICU)で人工呼吸器を付けていたが、現在は平熱を保ち会話も普通にできているという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月7日のニュース