片岡篤史氏“全快”5・16新型コロナ闘病から復帰後初イベント 自宅からリモート参加

[ 2020年5月7日 16:21 ]

片岡篤史氏
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスに感染して入院し、4月24日に退院した元阪神、日本ハムの片岡篤史氏(50=スポニチ評論家)が今月16日午後2時からYouTubeで生配信されるイベント「副業EXPO」にゲスト出演することが7日、決定した。

 自宅からのリモート参加だが、新型コロナウイルス闘病から復帰後イベント初登場となる。主催者側は「無事全快」としている。

 「副業EXPO」は新しいライフスタイル「副業」について考える1日限りの特別番組。MCはじゅんいちダビッドソン(45)副業アカデミー学長・小林昌裕氏。ゲストは杉原杏璃(37)「マネーの虎」の南原竜樹氏(59)新R25編集長・渡辺将基氏、カジサック(39)。

 片岡氏は闘病生活の経験を踏まえ、アフターコロナにおける働き方や副業の在り方についてトークを行う予定。

 片岡氏は4月14日に自身のYouTube「片岡篤史チャンネル」で4月8日から入院していることを公表。4月24日に退院を報告した。

 4月27日には、関西テレビ「報道ランナー」(月~金曜後4・45)にオンライン出演。今月1日にはニッポン放送「フライデーナイタースペシャル」に電話出演。闘病生活を語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月7日のニュース