巨人・デラロサ順調 立った捕手相手に59球「変わりなく、いい状態」

[ 2020年5月7日 15:17 ]

ジャイアンツ球場で投げ込みを行った巨人・デラロサ
Photo By 提供写真

 巨人のルビー・デラロサ投手(31)が7日、川崎市のジャイアンツ球場でブルペン入り。立った捕手に59球を投げ込んだ。

 力のこもったボールを投じた右腕は「変わりなく、いい状態でやれている」と順調ぶりをアピールした。昨年は6月に来日し26試合で防御率2・25、8セーブの成績を残し、5年ぶりのリーグ優勝に貢献。今季も守護神として活躍するべく調整を続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月7日のニュース