ソフトB・バンデンハーク 日程不透明も自然体「できる限りのことをしていくだけ」

[ 2020年5月7日 13:14 ]

ソフトバンクのバンデンハーク
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのリック・バンデンハーク投手(34)が7日、ペイペイドームでの自主練習後にオンラインで対応した。この日は4月9日の自主練習開始から2度目のブルペン入りし、39球を投げ込んだという。「しばらく投げてなかったけど、感覚的には良かった。修正はしていかないといけないけど、マウンドで投げられたことが良かったです」と画面越しに笑顔を見せた。

 当初は開幕ローテ入りに内定していたが、コロナ禍の影響で白紙となり、3月末には左臀部(でんぶ)の張りで別メニュー調整もあった。自主練習は継続され、今後の日程も不透明なままだが、それでも自然体を貫く。「遠投を多くしたり、下半身を強化したり。できる限りのことをしていくだけ」。入団6年目の助っ人右腕は、淡々と準備を続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月7日のニュース