阪神・糸井「3150Tシャツ」でハイテンション “糸井節”全開「最高!」

[ 2020年5月7日 11:30 ]

<阪神自主練習>  亀田史郎氏の3150(最高)Tシャツを着てオンライン取材を受ける糸井

 阪神の糸井嘉男外野手(38)が7日、甲子園球場施設での自主練習後にオンライン取材に応じた。チームが活動休止して以降初めての取材対応。黒地に『3150』の数字がプリントされたTシャツ姿で登場し、「はいどーもー!最高!!」とハイテンションで久々の肉声を響かせた。

 「試合ができることを信じて、また皆の前で感動を与えられるようなプレーができるように。こういう状況ですけど、できることをやってます!」

 これまでの自主練習期間は室内での打撃練習に終始していたが、この日は初めて屋外フリー打撃を行い、30スイングで3本の柵越えを放った。昨秋に手術を受けた左足首の状態については、胸の文字の『3150』の『3』を隠して「150%です!!!」と万全をアピール。終始“糸井節”全開で、オンライン取材ながら報道陣の爆笑をかっさらった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月7日のニュース