元巨人監督・堀内恒夫さん 外出自粛守れない人たちに怒り爆発「自分さえよければいいのか?」

[ 2020年4月28日 14:49 ]

堀内恒夫氏
Photo By スポニチ

 元巨人監督で、野球解説者の堀内恒夫さん(72)が27日、自身のブログを更新。緊急事態宣言中にも関わらず、不要不急の外出自粛を守れない人々に「自分さえよければいいのか?」「どうかしてる」と怒りを爆発させた。

 堀内さんは「自分さえよければいいのか?」のタイトルでブログを更新。「今日は久しぶりに『外出自粛』に関して呟きたい」と書き出すと「ニュース観ててどうかしてるよ、って。自分勝手な人が多くてさ。今は感染しない、させないこと!」と改めて外出自粛の重要性を強調。

 「医療従事者の方や保健所で勤務する方達の声が届いていないのだろうか」と報道などで繰り返し言われている医療崩壊を招かないためにも外出自粛が重要であることを理解できない人たちに「あくまでも要請でしょ、ってさぁ」とした上で「自分たちは感染しない、させないと思っているのだろうか」と自覚のない人たちの行動に疑問を投げかけた。

 「そんなことしててコロナの陽性反応が出たとしたら君たちがお世話になるのは紛れもなく医療従事者の方たちなのに」と堀内さん。「今はとにかく大事な時!!1人1人の行動が大きな結果を生む」「良い結果を生むために今は家にいよう!!」と記してブログを締めくくった。

 堀内さんはブログを通じ、これまでも一貫して外出自粛を呼びかけており、14日のブログでは「志村けんさんのこともあるけれど俺も、年齢からして新型コロナウイルスの怖さっていうかさ」「感染したらどうなるか」「自覚もしてるしある意味覚悟もしてんだよね」と外出自粛でできた時間を使って身辺整理を始めたことも明かしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月28日のニュース