緊急事態宣言「継続」なら6.20開幕の沖縄大会に影響必至

[ 2020年4月28日 05:30 ]

高校野球選手権地方大会開幕予定日
Photo By スポニチ

 夏の全国高校野球選手権をめぐり、最初のターニングポイントとなるのが、政府が全国に発令している5月6日までの緊急事態宣言だ。日本高野連が運営委員会の開催を4月22日から5月20日に延期したのは、新型コロナウイルスの感染状況を見極めたい意向があるからだ。

 5月6日に宣言が解除されれば、次のステップに進むことができる。日本高野連は5月中に開催可否の方向性を出す方針を固めており、20日の運営委員会では無観客も含めて開催に向け、前向きに議論されるだろう。

 しかし、緊急事態宣言が「継続」となった場合には、地方大会の開催に大きな支障が出てくる。地方大会の皮切りとなる沖縄大会の開幕は6月20日。ほとんどの高校は休校中で、大会に向けた準備に1カ月以上の時間が必要だ。いつまで継続されるかが焦点。高野連関係者は「5月いっぱいや、6月まで続くようだとかなり厳しい」と話しており、さらに1カ月続くなら中止の選択肢も視野に入れることになりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月28日のニュース