巨人・中川 小林を相手に25球「違った気持ちで投げられた」

[ 2020年4月28日 13:59 ]

巨人・中川
Photo By スポニチ

 巨人・中川皓太投手(26)が28日、川崎市のジャイアンツ球場でブルペン入りした。

 立った小林を相手に25球。中継ぎエース左腕は「誠司さんに受けてもらい、また違った気持ちで投げられたのは良かった。引き続きブルペンに積極的に入っていきたい」と汗をぬぐった。

 昨季楽天から移籍した古川は立った捕手に15球、座った捕手に25球。「自分で考えて工夫していい練習ができています。私生活も充実していますし、特に食事面は気を使っていますね。たんぱく質が不足していないかチェックしています」と有意義な“おうち時間”も過ごしている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月28日のニュース