GWは「お家で巨人戦」でステイ・ホーム!

[ 2020年4月28日 10:00 ]

1974年10月14日、引退試合でファンにあいさつする巨人・長嶋茂雄
Photo By スポニチ

 25日から始まった小池百合子東京都知事提唱の「ステイ・ホーム週間」。報道陣も現場での取材自粛が続き、自宅で過ごす時間が増えている。今年のゴールデンウイークは自宅待機をいかに楽しく過ごすか。巨人のファンサービスに注目したい。

 テレビ中継を含むスポーツの「生観戦」が世界的に消えた。スポーツに飢えたファンにとって嬉しい「お家で巨人戦」が実施される。過去の巨人戦を丸々無料で「疑似ライブ配信」する企画だ。

 第1回は4月29日午後2時からで「1974年10月14日・中日戦」。長嶋茂雄終身名誉監督の引退試合だ。「巨人軍は永久に不滅です」という伝説のスピーチまで放送される。オールドファンにとっては懐かしく、若者にとっては新鮮に映るかもしれない。

 最終回の5月6日は「19年7月30日・広島戦」。原監督が監督通算1000勝を記録した一戦だ。試合後のセレモニーではナインからのサプライズなど、ちょっとしたハプニングが待っている。

 この企画は「ファンとともに球春到来を迎えたい」という原監督の力強いメッセージが込められた「WITH FANS」プロジェクトの一環。「ジャイアンツLIVEストリーム」と「日テレ公式You Tube DRAMATIC BASEBALL2020」で楽しむことができる。(記者コラム・神田 佑)

その他の放送
▼4月30日午後6時~「2012年10月22日中日戦※CSファイナルステージ最終戦」
▼5月1日午後6時~「2019年5月1日中日戦」
▼5月2日午後2時~「2019年6月1日中日戦」
▼5月3日午後2時~「2019年8月29日広島戦」
▼5月4日午後2時~「2019年8月9日ヤクルト戦」
▼5月5日午後2時~「2019年7月4日中日戦」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月28日のニュース