日本ハム・清宮 3カ月ぶりスローイング「オドオドしながら投げました」

[ 2020年1月21日 05:30 ]

マシン打撃をする清宮(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 昨年10月末に右肘手術を受けた日本ハムの清宮が約3カ月ぶりにスローイングを再開した。

 テニスボールながら約10メートル離れたネットに30~40球の投げ込み。「オドオドしながら投げました。3カ月かかったけど一つの段階はクリアできたかな」。打撃練習でも球団スタッフのスローボールを打ち返すなど徐々に強度を上げている。「キャンプは万全とはいかないけど、焦らずいきたい」。勝負の3年目へ気負わず進む。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月21日のニュース