阪神・才木 4カ月ぶりブルペン入り 右肘痛から巻き返しを「焦らずやっていきます」

[ 2020年1月21日 16:10 ]

<阪神自主トレ>ブルペンで投げ込む才木(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・才木浩人投手(21)が21日、鳴尾浜球場で約4カ月ぶりとなるブルペン入りを果たした。

 昨年5月に右肘痛を発症して以来、コンディションが上がらず現在もリハビリ組に入って連日、汗を流している。久々のマウンドで捕手を立たせて20球。「4カ月ぶりぐらいですかね。焦らずにやっていきます」と順調にステップを踏んでいることを明かした。

 18年は6勝をマークするなど、次代を担う先発の一角として期待されるだけに故障からの復活で巻き返しのシーズンにしたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月21日のニュース