卒論に“パワプロ”中日ドラ4・郡司、投手の特徴「全クリ」だ!

[ 2020年1月21日 05:30 ]

ブルペンで先輩投手のボールを受ける郡司(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日のドラフト4位・郡司(慶大)が20日、ナゴヤ球場のブルペンで初めて先輩投手の球を受けた。三ツ間、岡田とバッテリーを組み、「配球を頭の中で想像しながら受けました」とイメージを膨らませた。

 昨秋の明治神宮大会で大学日本一に輝いた即戦力候補。既に春季キャンプの1軍スタートが決まり、「全員の球を受けたい」と意欲的だった。昨季の中日戦を動画で見るなど予習も始め、「投手の特徴を知って一球一球、説明できる根拠あるリードをしたい」と頼もしい。

 視察に訪れた中村バッテリーコーチも「全員の球を受けるのは、もちろんだし、ボールを受けて感じて、投手と会話するのが大事」と多くの投手とコミュニケーションを図るよう助言を送った。野球ゲーム「実況パワフルプロ野球」を卒業論文の題材にした頭脳派捕手。球団新人初の開幕マスクを目指し、まずは竜の投手陣「全クリ」を果たしたい。(徳原 麗奈)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月21日のニュース