マー君、FA選手トップ15位に「上質の投手」大リーグ公式サイトが報じる

[ 2020年1月21日 05:30 ]

ヤンキースの田中将大
Photo By スポニチ

 大リーグ公式サイトは19日(日本時間20日)、今季終了後FAとなる選手トップ20を発表し、ヤンキースの田中が15位に入った。今季で7年契約の最終年を迎える。「球速は多少落ちたが、19年中盤にスプリットの握りを変えて良い結果を残した。一発病を抱えるが、上質の投手。肘の不安が14年途中から言われ続けているが、一度も大きな離脱はない」と評価した。

 1位はレッドソックスの外野手ベッツで、2位はフィリーズの捕手リアルミュート。投手では4位レッズ・バウアー、6位ヤンキース・パクストン、7位メッツ・ストローマンらが上位となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月21日のニュース