西武・光成3年ぶり完投で7勝 ポジティブ思考で「余裕持って勝負できるように」

[ 2019年6月15日 05:30 ]

交流戦   西武11―1ヤクルト ( 2019年6月14日    メットライフD )

1失点完投の高橋光(左)は笑顔で森と握手(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武の高橋光が1失点で3年ぶりの完投勝利で7勝目を挙げた。10安打を浴びながらも、要所を締めて125球を投げ抜き「粘り強く投げられました。野手の方に助けられて投げることができました」と白い歯を見せた。

 8回2死満塁では、この日最速の153キロ直球でバレンティンを中飛に。志願して続投した9回も無死一、三塁のピンチを無失点で切り抜けた。

 地元・前橋での5月8日ロッテ戦で6回7失点で4敗目を喫したが、以降は5戦5勝。小野投手コーチは「やられてから変わったんじゃないの。先発としての責任を感じて、自分で考え始めていると思う」と話した。

 開幕投手の多和田が2軍調整の中、投手陣を支える。右腕は「ポジティブに考えるようになり、気持ちに余裕を持って打者と勝負ができるようになった。どんどん勝っていきたい」と話した。 (武本 万里絵)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月15日のニュース