中日・柳、自己最多13K&今季初完投7勝 美爆音ロッテ応援に「ユーチューブで対策できた」

[ 2019年6月15日 05:30 ]

交流戦   中日4-1ロッテ ( 2019年6月14日    ZOZO )

完投勝利に笑顔の柳(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 中日・柳が自己最多13奪三振の快投で今季初完投。自身の連勝を4に伸ばし、リーグトップタイとなる7勝目を飾った。

 「中継ぎの奮闘を見ていたので最後までいってやろうという気持ちでした」

 内角を突く直球、低めに制球されたスライダーで翻弄(ほんろう)。この日は、「ALL for CHIBA習志野市」として開催され、スタンドから「美爆音」で知られる習志野高校吹奏楽部の大音量にも動じず、「試合前にユーチューブでロッテの応援を見ていたので対策はできていました」と笑った。

 守護神のR・マルティネスとロドリゲスが3連投しており、勝ち頭がブルペン陣の登板過多を回避した形。与田監督からは「柳は素晴らしい投球だった。(両外国人の)4連投はケガにつながるしと、自分自身怖い試合だったので、助けられた」と最大級の賛辞を贈られた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月15日のニュース