涙の床田へ先輩からエール続々…昨季まで同僚だった天谷さん「本当に悔しかったのでしょう」

[ 2019年6月15日 19:23 ]

天谷宗一郎さん
Photo By スポニチ

 広島ひと筋に17年間プレーし、昨季限りで現役を引退した野球解説者の天谷宗一郎さん(35)が14日深夜に自身のブログを更新。同日の楽天戦(楽天生命パーク)で初回に3発、2回に2発と球団タイ記録の1試合5本塁打を浴びて2回途中7失点KOされ、ベンチで悔し涙を流した床田寛樹投手(24)に元チームメートとしてエールを送った。

 チームは交流戦突入後4カード連続で初戦を落とし、最大14あった貯金が8に減るなど苦戦が続いているが、まずは「長いシーズン山あり谷ありです」「今のチームは1つのキッカケで物凄い勢いに乗るチームです。ファンの皆さん選手を信じて応援してあげて下さいね」とメッセージを送った天谷さん。

 続いて「床田投手の涙は、性格を知っているだけに意外でした。本当に悔しかったのでしょう」と後輩の涙について触れると「今日の涙を次の登板、これからの登板にいかしてほしい。床田投手ならできると思います。しっかりと切り替えて次に向けて頑張れとこちゃん!!」とエールを送った。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月15日のニュース