ヤクルト・石川 コンタクトが合わず視界がぼやけるアクシデント乗り越え「チームが勝ったからよし」

[ 2019年6月15日 19:32 ]

交流戦   ヤクルト6―5西武 ( 2019年6月15日    メットライフD )

<西・ヤ>ヤクルト先発の石川(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・石川は7回1/3を4安打2失点と好投した。3回には突然視界がぼやけ、「体調が悪いのかと思った」というアクシデントに襲われた。

 コンタクトレンズが合わなかったことが原因だったが、その状況で2死一、三塁のピンチを迎えても敵の主砲・山川を123キロの宝刀シンカーで三ゴロに仕留め、切り抜けてみせた。

 8回1死一、二塁で降板したときは4―0でリードしていたが中継ぎ陣が逆転を許し、今季3勝目は消えた。それでも石川は「欲を言えば勝ちたいけど、チームが勝ったからよしです」と笑顔を浮かべた。

 杉内俊哉(巨人)の26勝に次ぐ、交流戦通算勝利数単独2位となる25勝目もかかっていたが、それも持ち越し。39歳の左腕は「プラス思考でこういう投球を続けたい」と前を向いた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月15日のニュース