中日・亀沢チーム第1号 シ烈内野レギュラー獲りへアピール

[ 2019年2月11日 19:37 ]

<中日・ハンファ>3回1死、亀沢が先制ソロ本塁打を放つ (撮影・後藤 大輝) 
Photo By スポニチ

 チーム初本塁打は“亀”から生まれた。中日の亀沢恭平内野手(30)が11日、今キャンプ初実戦となった韓国・ハンファとの練習試合でチーム第1号を放った。

 0―0の3回1死から右中間へソロアーチを放ち「入ると思わなかった」と顔をほころばせた。

 内野は福田、高橋、京田、阿部、石川駿らに加え、ドラフト1位・根尾(大阪桐蔭)の加入により競争は激しくなる一方。チームを勢いづける一発でアピールに成功した背番号53は「(レギュラーを)決めるのは監督、ヘッドなので」と冷静に話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月11日のニュース