日本ハム 輝星、フリー打撃登板も制球に苦しむ 25球中14球がボール

[ 2019年2月11日 13:28 ]

<日本ハム2軍キャンプ>フリー打撃に登板した吉田輝(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(金足農)が沖縄・国頭村の2軍キャンプでフリー打撃に登板した。

 最速152キロ右腕は、同期入団で甲子園でも活躍したドラフト2位・野村佑希内野手(花咲徳栄)と対戦。計25球を投じたが、14球がボールゾーンに外れるなど制球に苦しんだ。

 それでも安打性はわずか1本という内容に、ネット裏で見守っていた白井康勝担当スカウトは「バラつきはあったが、まあまあだったんじゃないのかな」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月11日のニュース