清宮 今季初実戦初安打 栗山監督「内容の方が大事」

[ 2019年2月11日 05:30 ]

日本ハム・春季キャンプ ( 2019年2月10日 )

紅白戦の3回2死一塁、宮台から中前打を放つ清宮(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 日本ハムの清宮幸太郎内野手(19)が9日(日本時間10日)、チーム初実戦となる紅白戦に紅組の「4番・一塁」で先発出場。3回に同期入団の東大出身左腕・宮台康平投手(23)との初対決でバットを折られながらも今季初安打となる中前打を放った。オフにはマリナーズ・イチロー外野手(45)と自主トレを行ったことを明かし、イチ流で定位置獲りを狙う。

 詰まった。それでもしぶとく落とした。宮台との注目対決は、3回2死一塁。1ボールから狙い通りに来た直球を振りにいったが、シュート回転した球にバットをへし折られた。それでもパワーで中前へ。王柏融(ワンボーロン)との3、4番コンビで見せ場をつくった。

 「速さについていけなかった。反応して打てたと思ったけど詰まっていた」

 プロ入り後、1軍の実戦で4番として先発出場するのは初。「いろんな意図がある。何となく並べていない」と栗山監督。投手との対戦は6日に早実の先輩・斎藤とフリー打撃で対戦して以来2度目。実戦勘が少ない中で本来の当たりではなかったが、右手首の炎症の不安も感じさせず即結果を残した。

 昨年末には共通の知人を介してマリナーズ・イチローと神戸市内で合同自主トレを行った。「ちょっと遠い存在すぎて、同じプロ野球選手とは思えない」と幼少期から憧れてきた世界歴代最多の日米通算4367安打を誇るレジェンドとの夢の2日間。「貴重でした。(参考になったのは)全てじゃないですかね」。あまり多くを語らなかったが、一日中生活をともにすることで、野球だけではなく、イチ流の立ち居振る舞いを間近で見られたことは今後の糧となる。この日訪問した大谷と同じく、オンリーワンの存在として突き進む姿勢は清宮の心の琴線に触れた。

 栗山監督は3年ぶりの日本一を狙う今季のキーマンに清宮を指名する。清宮の入団時に約束した20年東京五輪の代表入りへ、今季30本塁打前後の覚醒を期待している。それだけに「(結果より)内容の方が大事。打てよ。4番だろ?」と厳しい言葉を並べた。11日(同12日)には韓国NCと練習試合を予定。誰もが認める内容と結果には、豪快な一発が必要になる。 (東尾 洋樹)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月11日のニュース