巨人・炭谷「最低限」犠飛で初打点 小林は先制2点二塁打

[ 2019年2月11日 05:30 ]

巨人・春季キャンプ ( 2019年2月10日 )

2回1死二、三塁、炭谷は犠飛を放つ(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 炭谷が白組の「8番・捕手」として出場。移籍後初の紅白戦初打席となった2回1死二、三塁では、左犠飛で初打点をマークした。「初球から打ちにいこうと思っていた。最低限、フライが上がってよかった」。5回終了後に退いたが「初めての試合形式で無難に一通りの動作ができたし問題なく入れた」と振り返った。

 また、正捕手を争うライバル小林も紅組の8番・捕手で出場し2回に先制の左翼線2点二塁打を放った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月11日のニュース