広島・東出コーチ、1年目キャンプの衝撃 バットがラケットに見えた前田さんの打撃

[ 2019年2月11日 10:30 ]

99年、沖縄キャンプで打撃練習する東出
Photo By スポニチ

 【平成キャンプ回想録(11)広島ドラ1東出輝裕】沖縄、日南、大野で球団初の1・2軍混成キャンプを張った。僕らルーキーは1軍本隊とは別メニューながら沖縄スタート。ただ、黒田(博樹)さんの投球を打撃練習で打った程度の記憶しかない。

 その分、日南移動後のそれは鮮明だ。日南組を率いていたヘッドコーチの大下(剛史)さんに初対面。「おう、おまえが東出か。グラブを見せてみぃ」と言われ、いきなり「ちゃんと磨かんか!」と一喝された。沖縄にはないピリッとした空気感が日南にはあった。

 前田(智徳)さんの打撃練習にも圧倒された。バットではなく、まるでラケット。軽く打っているのに、ライナーでスタンドに放り込んでいた。これは別の競技だと思った。いくら努力しても、あのレベルには達しない。プロでは無理、やっていけないと思った。 (広島打撃コーチ)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月11日のニュース