中日・松坂 ファンに右手を引かれ右肩に違和感 当分はノースロー調整

[ 2019年2月11日 14:14 ]

中日・松坂
Photo By スポニチ

 中日は11日、松坂大輔投手(38)がしばらくノースロー調整を続けると発表した。数日前、ファンと接触した際に右腕を引かれ、その後、右肩に違和感を覚えているとしている。

 松坂はこの日、キャッチボールを回避。ウオーミングアップは通常通り行ったものの他の投手陣が外野でキャッチボールを始めると、与田監督、阿波野投手コーチと話し込み、そのまま投げることはなかった。その後は、陸上競技場でダッシュやランニングなどを行い、西山球団代表は「ちょっとしばらくノースローになるかもしれない」と話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月11日のニュース