輝星 4度目ブルペン ツーシーム&カットも解禁「1球だけだけど良い球がいったので上出来」

[ 2019年2月11日 05:30 ]

日本ハム・春季キャンプ ( 2019年2月10日 )

野球教室でこどもたちの前でホームランを放つ吉田輝(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝(金足農)が、沖縄・国頭村の2軍キャンプで4度目のブルペン入り。カーブと縦のスライダーに加えて、新たに2種類の変化球も解禁し32球を投じた。ツーシームは「1球だけだけど良い球がいったので上出来」。カットボールは「曲がり過ぎたので、(今の出来だと)横のスライダーかな。球速は良い感じ」とそれぞれ感触を話した。

 前日の休日は、清水ら先輩にパンケーキ店に連れていってもらいリフレッシュしたこともあり、球速も145キロ前後を計測。「今までの中で一番良いブルペンだった。足を上げてから着くまでがスムーズだった」と、手応えを口にした。

 11日にはプロ入り後初めて打撃投手を務め、同期のドラフト2位・野村(花咲徳栄)を相手に直球中心で約20球を投げ込む予定だ。「球種は伝えるけど全力でいきたい。心を折れれば」と宣言。練習終了後には地元の子供たちを対象にした野球教室で本塁打競争を行い、2本の柵越えも放って野球センスの高さを披露した。 (武田 勇美)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月11日のニュース