根尾 プロ入り後初の屋外フリー打撃「納得いくものはなかった」

[ 2019年2月11日 05:30 ]

打撃練習をする中日・根尾(撮影・後藤 大輝) 
Photo By スポニチ

 黄金新人も「人の子」だった。右ふくらはぎ肉離れのため沖縄・読谷の2軍キャンプで別メニュー調整中の中日ドラフト1位・根尾(大阪桐蔭)が10日、プロ入り後初の屋外フリー打撃を行った。打撃マシンを相手に32スイング。フェンス直撃1本を含めて安打性の打球は13本あったが柵越えはなく、鋭いライナー性の打球は限られていた。

 「納得いくものはなかったですね。次に打てるときに、しっかり自分のスイングができるようにやっていきたい。思っていた以上に体は動いていなかった。もっとやらないといけない」

 無理もない。スパイクを履いて土の打席に入ること自体が初めて。故障明けということもあり、フルスイングは自重していた。しかも悪天候により屋外フリー打撃は2日間、順延。距離感も鈍くなっていたはずだ。

 室内での打撃練習との大きな落差に、森野2軍打撃コーチは「緊張していた。笑いが出るくらい別人。フラフラしていたね。根尾らしからぬ打撃」と苦笑。練習後には「おまえも人の子だな」と、しみじみと声をかけた。

 小笠原2軍監督は打撃内容よりも、2軍本隊合流へのステップを踏んだことを評価した。その上で「石橋を叩いても渡らないくらいの気持ち」とフルメニュー参加へは、なお慎重な姿勢。初実戦はもう少し先になりそうだ。(水口 隆博)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月11日のニュース