巨人 北村が“今季1号”「思い切り振れた」 育成右腕・坂本工から左翼席へソロ

[ 2019年2月11日 13:59 ]

<巨人宮崎キャンプ紅白戦>5回無死、北村(左)はソロホームランを放ち、鈴木コーチの出迎えを受ける(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人は宮崎キャンプ第2クール最終日となった11日、今キャンプ3度目の紅白戦(サンマリン宮崎)を行った。

 前日の試合で右足に自打球を受けた中島に代わり白組の「6番・一塁」で先発出場した北村が“今季1号”を放った。先頭の5回。育成右腕・坂本工から左翼席にソロ本塁打を放った。「(ホームランの場面は打ったのは)真っすぐ。真ん中高めくらいです。思い切りよく、振りに行けたので良かったです」。

 2回1死で迎えた1打席目には右中間を深々と破り一気に三塁へ。間一髪でアウトになったものの積極走塁の姿勢もみせ、アピールした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月11日のニュース