ソフトB 加治屋ブルペン入り「ここからが始まり」

[ 2019年2月11日 05:30 ]

ソフトバンク・春季キャンプ ( 2019年2月10日 )

ブルペンで投球練習を行う加治屋(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 右肩の不調でリハビリ組で調整するソフトバンクの加治屋がブルペン入りした。

 これまでも捕手を立たせた状態で2度投げていたが、この日は捕手を立たせて7、8割の力で20球、捕手が膝立ちの状態で15球を投げ込んだ。「バランスは良くなかったけどブルペンに入れてることに意味がある。ここからが始まり」と前進を強調した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月11日のニュース