西武新人は5人がキャンプ1軍スタート ドラ1・松本航「責任感、緊張感も同時に生まれた」

[ 2019年1月17日 21:00 ]

<西武新人合同自主トレ>練習をこなす松本航 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 西武の辻監督ら首脳陣、スタッフら出席した全体会議が都内で行われ、春季キャンプのA、B班(1、2軍)の振り分けなどが話し合われた。

 新人選手は育成を除く人のうち、大学・社会人出身の5人がA班スタート。ドラフト1位・松本航(日体大)は「素直にうれしい。責任感、緊張感も同時に生まれた。僕は即戦力として期待されている。このキャンプではしっかり打者と勝負できる状態に持っていきたい。そしてセールスポイントである直球をアピールしたい」と力を込めた。

 同3位の山野辺(三菱自動車岡崎)は「(A班に)びっくりした。まずは開幕1軍スタートを目指す中で、そのレールに乗ることができてうれしい。憧れの源田さんのプレーを近くで見て、いろいろな話を聞いてみたい」と目を輝かせた。

 ドラフト7位で山川、外崎らの富士大の後輩である佐藤は「厳しい戦いが待っていると思うので、キャンプまでにしっかり体を仕上げたい。山川さんとは一緒に練習したことがないので、間近でプレーを見たり、話を聞いてみたいです」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月17日のニュース