西武・内海は1軍スタート 辻監督「もちろん、二重丸」と大きな期待 新人は5人が1軍スタート内定

[ 2019年1月17日 21:00 ]

西武に移籍した内海
Photo By スポニチ

 西武の首脳陣、スタッフらが集合しての全体会議が17日、都内のホテルで行われ、春季キャンプのA、B班(1、2軍)の振り分けなどが話し合われた。

 巨人にFA移籍した炭谷の人的補償として入団した内海哲也投手はA班(1軍)スタート。会議を終えた辻発彦監督は「A班?もちろん、二重丸。彼はちゃんと試合に投げられる状況にしてくれれば十分。大きな戦力になる」と、抜群の実績を持つ左腕に大きな期待を寄せた。

 新人選手では育成を除く7人のうち、大学・社会人出身の5人のA班スタートが内定。ドラフト1位・松本航投手(日体大)、同3位・山野辺翔内野手(三菱自動車岡崎)、同4位・粟津凱士投手(東日本国際大)、同6位・森脇亮介投手(セガサミー)、同7位・佐藤龍世(富士大)の5人で、辻監督は「新戦力として期待しているし、直に見てみたい」と話した。

 また、オフに右肘を手術した岡田雅利捕手はB班(2軍)スタートの見込み。7年目の相内誠投手、3年目の田村伊知郎投手らはA班でキャンプをスタートさせる。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月17日のニュース