阪神 岩貞 師匠からの「左腕エース継承」が大目標「やるぞという気持ち」

[ 2019年1月17日 05:30 ]

笑顔で自主トレに励む陽川(左)と岩貞(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・岩貞は沖縄での自主トレを公開し、師匠からの「左腕エース継承」を大目標に掲げた。

 「ずっと能見さんが左のエースとしてやられてきた。自分がそのポジションをやりたいというか、やるぞという気持ちです」

 昨年まで合同自主トレしていた能見が不在とあり「教わったこと、1度メモしたことを読んで、こういう仕上がりだったらこうしようとか。今はキャッチボール一球一球の感覚を大事にしている」と先輩左腕の言葉を胸に進化を目指す。年明けに能見の家族と会食した際には「頑張って来いよ」と背中を押されたという。

 まずは、実質残り3枠の開幕ローテーション争いを勝ち抜くために沖縄で牙をとぐ。「個人としては規定投球回、それ以上。2年連続で負け越しているので、好不調の波を減らして勝ち越したい」。壁をぶち破り、投手陣の柱に成長を遂げる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月17日のニュース