楽天・卓丸 登録名を八百板から変更のきっかけは三木谷オーナーと明かす「下の名前の方が…」

[ 2019年1月17日 17:15 ]

誕生日に今季の目標を口にした楽天・卓丸
Photo By スポニチ

 楽天・卓丸外野手が、22歳の誕生日を迎えた17日に沖縄県内で銀次らとともに行っている自主トレを公開した。

 今季から登録名を八百板卓丸から「卓丸」に変更。そのきっかけになったのが、三木谷浩史オーナーだったことを明かした。昨年8月、2軍戦の試合を視察に訪れたオーナーから試合前に「下の名前の方が人気が出るんじゃないか?」と提案されたという。この助言を受けて、今季から心機一転で登録名を変えることを決断した。

 育成選手としてプロ入りし、17年シーズン途中に支配下登録された。ドラフト1位・辰己(立命大)など外野手のライバルも増えるが「絶対に負けたくない。まずは開幕1軍を目指して、チャンスはあると思うので開幕スタメンも目指したい」と誕生日の誓いを立てた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月17日のニュース