“和製ランディ” 楽天 弓削 春季キャンプは1軍スタート

[ 2019年1月17日 05:30 ]

キャンプ1軍スタートが決まった楽天・弓削
Photo By スポニチ

 楽天はキャンプの1、2軍メンバーを発表した。支配下の新人8選手中、いずれも大卒・社会人の6人が1軍スタート決定。ドラフト4位・弓削(SUBARU)は、現役左腕最長身となる1メートル93の体格を存分にアピールし、開幕1軍を狙う。

 「小さくまとまらず、大きな野球、ダイナミックに、というところを見ていただければ」。新人合同自主トレ2度目のブルペンで40球を投げた左腕は穏やかにほほ笑んだ。スリークオーター気味のフォームは身長2メートル8で、メジャー通算303勝のランディ・ジョンソンを参考につくり上げた。石井一久GMも長身左腕という共通項があり「野球の話をお聞きしたい」と目を輝かせる。「先発も中継ぎもアマチュアでは両方やった。どう言われても対応できるように」とフル回転を誓った。 (後藤 茂樹)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月17日のニュース