“目立ってナンボの世界”…オリックス ドラ2頓宮“ハードパンチ”で春季キャンプに

[ 2019年1月17日 05:30 ]

ノックを受ける頓宮(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 パンチパーマで入寮したオリックスのドラフト2位・頓宮(亜大)は16日、“ハードパンチ”で春季キャンプに乗り込むことを明かした。休日だった15日に横を刈り上げるなど「オシャレっぽく」変身したが「キャンプ前に強めのパンチパーマにしようと思っています」と宣言。“目立ってナンボの世界”で、さらにキャラクターを際立たせる。

 大阪・舞洲で行われた、この日の新人合同自主トレでは、投手に先駆け野手4人がブルペンで投球練習。中継プレーにおける強い送球が狙いで、三塁に本格転向することから入念に取り組んだ。あす18日には屋内フリー打撃を予定。「飛ばしすぎず、タイミングを意識してやっていきたい」。野球でも目立つため、持ち味の打撃にも磨きを掛けていく。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月17日のニュース