楽天・島井、昨年12月に左足手術 競技復帰まで3カ月

[ 2019年1月9日 17:55 ]

 楽天は9日、島井寛仁外野手(28)が昨年12月10日に千葉市内の病院で左脛骨疲労骨折に対する骨接合術を行ったと発表した。競技復帰まで3カ月を要する見込み。

 沖縄出身の島井は16年シーズンにイースタン・リーグの盗塁王を獲得するなど俊足を生かすプレーで期待され、6年目の昨季は待望の1軍デビュー。49試合に出場して6盗塁を記録した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月9日のニュース