雄星 自由契約選手に 西武に分割払いで譲渡金11億2000万円

[ 2019年1月9日 05:30 ]

7日、球団事務所にあいさつに訪れた菊池は、若獅子寮で自身が入っていた「出世部屋」の前に立ち感慨にふける(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 菊池は8日、プロ野球の斉藤惇コミッショナーから自由契約選手として公示された。

 契約内容が米メディアの報道の通りであれば、マリナーズから西武に1027万5000ドル(約11億2000万円)の譲渡金が分割払いで支払われる。「日米間選手契約に関する協定」では、日本球団は最初の支払いを受けてから当該選手の保留権を放棄する規定になっている。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2019年1月9日のニュース