ヤクルトドラ1清水、初練習に「ワクワク」グラブを新調

[ 2019年1月9日 05:30 ]

清水のグラブサインした中村小川監督が新人に訓示
Photo By スポニチ

 ヤクルトのドラフト1位・清水(国学院大)ら10選手が戸田での新人合同自主トレをスタートさせた。キャッチボールなどで汗を流した右腕は「初の練習でワクワクした」と振り返った。

 プロ入りに合わせグラブを新調し「NO risk,NO fun」と刺しゅうを入れた。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスター・樫本大進氏の言葉で「リスクを乗り越えた先に楽しみがある」と説明。視察した小川監督も「(キャンプは)1軍スタートになると思う。今季が終わったときに2桁勝っていれば一番良い」と期待した。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月9日のニュース