2カ月離れるのは…楽天 3月上旬に一度“酷寒”仙台へ「リセットさせたい」

[ 2019年1月9日 05:30 ]

楽天の平石監督
Photo By スポニチ

 楽天は8日、仙台市の球団事務所で今年初となるコーチ会議を開き、平石監督や1、2軍のコーチ陣らが出席。2月の春季キャンプからシーズン開幕までのチームのスケジュールを確認し、2月末から台湾で練習試合を行った後、3月上旬に一度仙台に戻ることが決まった。例年は2月の春季キャンプ以降は本拠地・仙台に戻るのはレギュラーシーズン開幕前後だった。

 3月上旬の仙台は気温が低いが、あえて酷寒の地元に戻る理由について平石監督は「2カ月間ずっと本拠地に戻れないのは相当なストレスがかかる。家族が仙台にいる選手もいる。仙台に戻ってリセットさせたい」と説明した。練習内容はその時の気候条件に左右されるが、気力を充実させてからオープン戦の行脚へと向かう。 (重光 晋太郎)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月9日のニュース